本好きによる、電子書籍ではなく紙の本を選ぶもっともらしい言い訳。

形のある、紙の本が好きだから、というのも理由かもしれませんが、電子書籍はどうにも読み捨てるもの、という認識がぬぐい切れません。同じ内容をタブレットやPCのモニタ上で読むのと、本でなくても紙に印刷して読むのでは、蓄積される読書経験に大きな差が出るように思います。

実際にモニタやタブレット上では見つからない誤字脱字が、紙に印刷したとたんにぽろぽろ見つかるというのはよく聞く話ですし、科学的にも証明されているという話を聞いた記憶があります。同じ活字でも、モニタ上では目が滑ってしまうけれど、紙の上だときちんと脳が認識するのだそうです。

そういった理由から、流し読みでいい雑誌やニュース、ライトノベルなどは電子書籍を利用していますが、新しいことを学ぶ際や好きな作家さんの作品を読む時は、どんなに電子書籍がお手軽で安くても、やっぱり紙の本が一番だと思うのです。

電子書籍の意外で便利な使い方

電子書籍は、日本ではそれほど普及しにくいと思っていた。実際、それほど普及しているように見えない。紙の本の方が読んだという達成感があるし、やはり電子書籍で読んだ内容はすぐに忘れてしまうような気がするから、私も電子書籍は嫌厭していた。だが、青空文庫の利用などによって、昔の有名な小説を、気軽に、簡単に、そしてなにより無料で読めることに気付いて、私もそれ専用の端末が欲しくなった(しかし、やはり高額なので、結局買わなかった)。お金に余裕ができたら是非欲しいと思っている。

収納スペースや処分方法に困らない。新刊情報もすぐに知らせてもらえる

好きなファッション誌や漫画があり、新刊が出るたびに本屋に行って購入していました。ですが収納スペースも限られているので、どんどん増える本に困っていました。雑誌などは読んだら処分するようにしていましたが、ひもで縛ったり、ゴミの日に出すのが手間でした。携帯ショップで電子書籍を勧められて試しに始めてみたところ、何冊の本を読んでも、収納スペースに困ることもなく、処分の方法に悩むこともなくなりました。これまでは新刊情報をネットで検索していたのですが、電子書籍では新しく本が追加されると通知がくるので、それもすごく便利です。

電子コミックはちょこっと読みに便利!

電子書籍というか、電子コミックをよく利用しています。一話単位で課金できるので、単行本を一冊読んでから「面白くなかった!」「お金がもったいなかった!」となってしまうストレスがありません。

また、移動先に単行本を持ち運ぶ必要がなく、ちょっとした待ち時間や空き時間に少しずつ読み進めることができ、単行本のように汚れや折れに気を遣わなくてもいいのも嬉しいです。

本当に大好きでコレクションしたいものは単行本で、それ以外のものは電子コミックというように使い分けています。

dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78

dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78
(⇒http://xn--d-zeuqb7j6d.com/))

月々の雑誌代がバカにならない・・・そんな方におすすめのサイトです。
是非チェックしてみてください!