1. >
  2. 用途に合わせて便利に使いたい!

用途に合わせて便利に使いたい!

基本的には紙のページをめくって読むことが好きです。

表紙や厚み、大きさや紙の質感やなども書籍を楽しむことのうちに入っているからです。

ただ、買ったり図書館などでなかったりするけれどちょっと読んでみたいものがなかったりするときに無料の電子書籍などで読めると助かります。

それからいつも持っていたいような内容のものだったら、電子書籍ならばとても便利だと思います。

便利、場所を取らないという意味で電子書籍はうまく活用できればいいのかなと思っています。

電子書籍の不便と便利!流行りにも効果!?

私は今、dブックのみを使用しています。前に他のアプリを入れていたこともあるのですが、とても重かったのです。他にも、何冊も購入していると、ダブりなどが出そうだったので、今はひとつに絞りました。

携帯電話会社のアプリなので、欲しい本を購入すると、携帯電話のポイントもたまるので、一石二鳥です。お気に入りの作家や作品を登録しておくと、新刊情報が入るのも嬉しい機能です。もちろん、購入した作品の続刊も、情報が入ります。

ただ、dブックは登録作品が少ないのが難点です。他にも、紙では発行されたからといって、全て電子版で読める訳ではないのも、難点です。

ただし、私にとっては重要な事があります。私は7000冊くらいの大量の蔵書を抱えています。この蔵書の置き場に困っていたのです。そこにあったのが「自炊」と呼ばれる、自分の蔵書を電子書籍化すること。小さな専用の機会なら、手頃な値段で手に入ります。そして、保存はクラウドと外部保存しておけば、好きなときに、読めます。手はかかりますが、今流行りの断捨離の効果もあるのか、部屋が圧迫されずにすみます。少しも手を加えれば、劣化した色も発行したときのようになります。

古本屋に売れないではないか?と言われますが、我が家の周りにはちり紙交換のトラックが回って来るので、トイレットペーパーを購入しなくてすみます。

本好きな人に知ってほしい電子書籍のメリット?

電子書籍利用歴一年です。最初は紙媒体じゃないことに抵抗がありましたが、読み進めていくうちに慣れてきました。これまで外出先に書籍を持ち出していましたが、電子書籍を利用するようになり荷物が軽くなりました。また、本棚の整理をする際、手放したいけどまた読むかもしれないという本をこれまではコピーしていましたが、電子書籍で再購入し、本を処分してスッキリしました!個人的には紙媒体が好きなので、外出用、保存用に重宝しています。

電子書籍を私はどう捉えるか

電子書籍は確かに便利ツールだと思います。携帯やタブレット一台で気になる雑誌や漫画、新聞を何回でも何種類でも見ることができるのは魅力的だと思います。ですが私は、雑誌は買います。小説もお気に入りの一冊を買います。まだまだそういった考えの人が多いのも事実です。コンパクトでかさばらず、コスパもよくて今の時代に沿った便利ツールですが、私はお気に入りの一冊を持つ、購入する楽しさや陳列する喜びにはまだ勝てないです。