1. >
  2. 電子書籍を使って感じたメリットとデメリット

電子書籍を使って感じたメリットとデメリット

紙の書籍と比べて、かさばらない点、移動の際重さを感じなくて済む点、気が向いたときにいつでも読むことが出来るという点などで非常にメリットを感じます。また、検索をかければ概ねすぐに欲しい本はみつかるので、直接本屋に足を運んでどこにあるか探す必要もなく、営業時間さえも気にしなくていいので、購入するという面でも楽です。

デメリットを挙げるとすれば、自分自身はスマホを使っているため画面が小さく、すべてではないですが、文字が読みづらく思う時があるという点です。また、普通の紙の書籍と比べて、若干目が疲れやすいように思います。

電子書籍の良いところ

先日、友人に勧められて、まんが王国というサイトで『あげくの果てのカノン』(漫画)を読みました。

なんと1巻分が無料で、驚きつつも得した気分で読みました。

友人は続きがどうしても気になったとの由、2巻以降を購入していました。

私は、普段は電子書籍を購入することはありません。

漫画であれ小説であれ、読み物は紙に印刷したものでないといけないという固定観念がなくならないようです。

しかし、電子書籍以外で、漫画を1巻丸ごと無料で試し読みできることはほとんどありません。

昨今、本が売れないとよく言われますが、電子書籍は、そんな社会において本の売り上げを高めるきっかけになるのではないかと思います。

電子書籍化によるメリットとその使い方の工夫。

雑誌系は細かい字の部分を拡大して確認できたり、あの大きい誌面を何冊も持って歩く必要なく電車などで気軽に読めることを考えると、電子書籍化することでとても便利になったなぁと思います。

しかし、小説は文庫だと元々そんなに大きくないし、電車などではそんなに量も読めないので、あまり電子書籍化したメリットは感じておりません。 また個人的にですが、小説は指でページを一枚ずつめくっていくわくわく感が重要だと考えています。なので、自分にあった使い方をしていきたいと思います。

いろんな試し読みで好みを広げられるかも!

書店だと手に取らないようなコミックを無料で読むことが出きてよかったです。続きが読みたくなったら電子書籍を購入したり、書店で購入したりしました。そうでもなかったら、立ち読みで終わればいいだけなので利用しやすかったです。

友人から勧められたBLものも試しに読んでみました。書店で購入する時に店員さんに見られたり、アマゾンで購入すると履歴が残ったりするのが嫌なためです。アマゾンは他のおすすめと一緒にBLものが表示されて困りました。